先日、お修理のご依頼を受けたのは

ルイ・ヴィトンのバケット

「長い間、クローゼットの中にしまい込んでしまっていた」とのことでした。
整理中、しばらくぶりに見つけ出してバックの中を見ると・・・


そうなんです
よくあるんですよ
ネチャネチャになってしまうことが
↓ ↓ ↓

blog001



で、当店にお持ち込みくださいました。
内袋を張り替える「内張交換」をお勧めし、お修理させていただくことになりました。

内袋の生地はベージュの布で新しく作り替え
もちろん、革パーツなどの部品や金具もキレイに磨いて
元の位置に取り付けします。

あっ、
元の革パーツの取り付けは
新たに穴をあけないよう、細心の注意を払いながら縫製していきます。

ちくちく、チクチク… 
元の穴に縫製を入れる。
本当に気の抜けない再縫製ですが、

どこまでも元通り

を追求する、当店のこだわりです。

今後のお手入れは、月に1度でいいので風通しをしてくださいね。
内袋は布に変えたので、もうネチャネチャになりませんが

でも、

お使いいただくことが最善のお手入れ

お客様が快適にお使いくだされば、それに勝るものはありません



広島県福山市
修理専門 鞄工房白牡丹
電話 084-983-3711
https://haku-botan.jp

《オンラインで修理お見積りいたします》
当店HPよりLINEでお問い合わせください。

ルイ・ヴィトン財布のファスナー交換ならお任せください!